「スプレッド」とは外為取引は二国間の通貨を売買の注文をして利ざやを上げる商品です。

価格は、上下しています。

それが為替です。

インターネットでニュースをみていると、ドル円やユーロ円の市場の情報が流れます。

「マーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

それは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという訳ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを意味しています。

すなわち、トレードには買いと売りの値があります。

売値のことをBID、買値のことをASKと表示する取引会社もあります。

売値が買値よりも低い値段になっています。

その差をスプレッドといいFX会社の収益のひとつとされています。

スプレッドの幅は会社によって変わります。

スプレッドの幅はみなさんにとって支出となるので、狭いFX取引会社をピックアップしたほうが有益です。

ただ、同じFX会社でも状況によってスプレッドの広さは変動します。

仮定として日常的には円とドルの組合せでわずか1銭のスプレッドの差だとしても為替の変動がとても大きい場面では1銭よりも大きくなる事があります。

という事で、スプレッドが低いのと同様に変わらないのが大切です。

変わらないスプレッド幅を表示するFX取引会社もいろいろあります。

実際にFX会社の売り買い画面の中でレートを確認しなければわからないので億劫ですが肝心な事です。

大切な財産を賭けて売買するのですから現実の注文の前に、魅力的に思えたFX取引会社の新規取引口座開設を全てして提示されているスプレッドの狭さを点検しましょう。

同じ外貨でもそのときの為替相場の状況によって通貨のスプレッドの広さは異なることがあります。

通常、銀行間取引市場で取引量の多くて、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの幅が狭く残りの外貨ではスプレッドの幅が大きくなる事があります。