以前噂で聞いたことがありました。

このあたりには、インテリアの達人がいるのです。

私は是非会って、師匠と呼ばせてもらいたいんです。

でもどんな人か知りません。

どんな人がインテリアの達人を呼ばれているかわからないのです。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

そこで今日なんと会ったのです。

その達人がいたのです。

私がよく通っているインテリア雑貨店があります。

そこは以前からの、私のお気に入りのお店だったのです。

明らかに何かを選んでいる人がいます。

明らかに、ほかの人とは目つきが違うのです。

彼です。

なんと達人は男性だったのです。

しかも若いです。

結構若いです。

私の子供くらいなのです。

かごにはたくさんのインテリア雑貨が入っています。

こんなにも買ってどうするのでしょう。

全部部屋に並べるのでしょうか。

私は思い切って声を掛けました。

すると驚いて逃げられたのです。

とてもシャイな人でした。

だから私はこのお店に、毎日通ってまた声を掛けたいのです。