外為市場であるFX(外国為替証拠金取引)について見ていきましょう。

FX(外国為替証拠金取引)というのは、両国の通貨をやり取りしその差額の利益を得られるといった方式です。

このように二種類の貨幣の中で生まれる儲けをスワップ金利といいます。

このスワップ金利のことは本当はスワップポイントと呼んでいるとのことです。

FXのスワップ金利とは、一日でも得られますがしかしその為替相場の変わり方によって違うそうです。

こうしたFXのスワップ金利(スワップポイント)を取得することをねらいに、外国為替証拠金取引の為替トレードを行っているみなさんもいるようです。

スワップポイントは取引するFX業者それぞれで違う点があるのでほんの少しでもスワップポイントが高い業者で取引したいと思いますよね。

とは言っても、スワップ金利(スワップポイント)は為替の相場が動くことによって変動するので用心してください。

また、トレードをやる時には図表を読み取る事が必要になっています。

このグラフを見る事で、為替の取引の変動を読む事が可能となると言われています。

外国為替を初めてやる人が見た場合何を示しているグラフですか?とわからないと思えてしまうかもしれませんがツボを覚えていれば図を読む事が出来るようになるらしいです。

円が上昇している又は下降するという感じで今が一番円安などとこの図表のおかげで判別する事が出来て、為替取引を行うには大事なデータとなるはずです。

この図は、日本では普通ローソク足(陰陽足)が使われていてその名前の通りローソクの形みたいなグラフで表現されているのです。

このようなローソク足(陰陽足)を使って、高値とか安値、さらに終値か始値等を表示していてチャート図の上でいろいろな形状になるのです。