破産申告の際にあなたの負債に関して保証する人が存在するときには、早い段階で話をしておいた方が良いです。

ここにおいて、強調したいのですが、負債に保証人がいるときは自己破産をする前に考えなければいけません。

つまりはみなさんが破産手続きを取ってOKが出ると保証人がそれらの借金をまとめて果たすことになってしまうからです。

だから、自己破産手続きの前に、今までの詳細や今の状態を説明しつつ、お詫びの一つもなくてはいけないでしょう。

これは保証人となる人からすると当然のことです。

負債者のあなたが破産手続きをすることから、まったなしに大きなローンが回ってくることになるのですから。

そうすると、以後の保証する立場の人の選べる方法は4つあります。

まず1つめですが、保証人自身が「みな支払う」という手段です。

その保証人がその何百万もの債務を苦労することなく返せるぐらいのカネをたくわえていればこれが可能です。

でもその場合、あなたが破産せずその保証人にお金を貸してもらって、あなたはその保証人に毎月返済していくという手順も取れると思われます。

また保証人が借金をした人と良いパートナーである場合などは、完済までの時間を長くしてもらうこともできるかもしれません。

いっぽうまとめて返済が不可能な場合でも、相談すれば分割支払いに応じてくれます。

保証人に債務整理を行われてしまうと、まったく戻らないことが考えられるからです。

その保証人が保証した借金を全部負う財力がない場合は債務者と同様に何らかの方法による負債の整理を選ばなければなりません。

2つめの方法は「任意整理」によって処理することです。

この方法を取る場合債権者と話し合いを持つことによって、5年以内くらいの時間で返済する方法です。

弁護士事務所に依頼するにあたっての経費の相場は債権者1社ごとに約4万円。

もし7か所からの負債があるならだいたい28万円いります。

貸した側との話し合いは自分でチャレンジすることもできますが、この面での経験と知識がない素人だと相手側が自分に有利な提案を提示してくるので注意が必要です。

くわえて、任意整理を選択する場合もその保証人に借金を立て替えさせることを意味するのですから、あなたは時間がかかるとしても保証してくれた人に返していく義務があります。

続いて3つめはその保証人も破産した人とともに「破産手続きをする」ことです。

その保証人も債権者とともに自己破産をすれば保証人となる人の借金も返さなくて良いことになります。

ただその場合は、保証人である人が株式などを所有しているならばその個人財産を没収されてしまいますし、法令で資格制限のある業界にいるのであるならば影響がでます。

個人再生による手続きを検討するといいでしょう。

では4つめですが、「個人再生制度を使う」ことができます。

土地建物等を処分せずに債務の整理を希望する場合や、破産宣告では資格制限に触れる仕事についている場合にメリットのあるのが個人再生という制度です。

この手段なら自分の家は処分が求められませんし、破産手続きのような職種制限、資格制限等は何もかかりません。