予期せず、突然出会うのが乗用車の事故です。

ここでどんな行動するかがポイントとなり、保険料の支払額もかなり大きく変わることも予測できますので正しい考え方と行動が必要です。

予期せぬ状況に出会って混乱してしまうと重大な対応を見過ごしてしまい、その先自分が損を負わされる場面もあるので車の事故に遭遇してしまった場合には以下に述べる対応するようにするとよいでしょう。

交通事故に遭遇した場面で第一にする必要があるのは重軽傷者の確認です。

の後すぐは動揺して呆然としてしまう場合があり短期間で動くことができないのが通常です。

その場合、怪我人がいた時に危なくない地点に移して処置をし周りの人に助けを求めるようにして負傷者最優先に努めることが大事です。

119番通報する時は明確な場所を知らせて良く分からない場合には周りの有名なデパートや地点を知らせて住所を特定できるようにします。

その次に警察署に知らせ事故が起きた事また様子を連絡します。

救急車とパトカーを待っている時に相手側の事を聞きます。

姓名、TEL番免許証、事故の相手側の保険の会社名などなどそれぞれの内容を交換します。

その場面で事故相手に原因があるような場合には事故現場で片付けようとすることが考えられますがすぐに処理するのではなくどのような状態だとしても警察署や自動車保険会社に通報して、公平にジャッジしてもらいます。

お互いの情報を伝えたら車の妨げにならないように障害となる物を道路から取り除きます。

万一障害物が通りかかった人の自動車の邪魔となっている場合にはそれぞれの情報を交換する以前にこの対応をしても大丈夫です。

そして自分自身の自動車の保険会社に連絡を入れて、自動車の事故があった旨を告げます。

一定期間内に保険屋さんに連絡を入れないと、車での事故の保険の適用除外にされることもあるので時間が出来たら早く電話をすることが欠かせません。

可能ならば事故内容の証拠になるように、コンパクトカメラや携帯で事故や愛車の破損の状態が分かる写真をを撮ります。

それは落ち度の割合決定する時にかなり大きな手がかりとなりますので、あなたの愛車や相手のクルマの破損をきちんと写真に残しておきます。

その場面で目撃者がいれば警察や自動車保険会社が駆けつけるまで一緒にいて頂けるように求めることも必要です。