予想外に出会うのが交通事故です。

そこでどんな作業したかが原因となり自動車の保険料の支払いもかなり異なるケースも予想できますので間違えない考え方と行動が求められます。

予想外のハプニングにあって冷静さを失ってしまうのならば必要な場面を見過ごしてしまいそれからかなり大きな損を負う状況も考えられるので車の事故を起こした場面では落ち着いて次の判断をします。

自動車の事故を起こしてしまったケースで第一にすべきなのは重軽傷者の状況の確認です。

後すぐはショック状態になってしまうことがあり短期間で動けないのが普通です。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

ですから、怪我をした人がいたら危なくない地点へ動いてできる限りの処置を行い、119番通報するなど負傷者の優先を心掛けましょう。

119番に連絡する時は明確な事故現場を伝え、不明確な場合は近くの目に留まった建造物や町名を伝えてその住所が分かるようにします。

その後警察に知らせて、事故が起きた事さらに現在の様子を知らせます。

救急車とパトカーが来るのを待っている時間に事故相手の事を聞きます。

その時相手に過失がある状態では、その場所で解決しようとすることが考えれますがやり取りするのではなくどういうケースでも警察や自動車保険会社に届け公平に確認してもらうようにしましょう。

お互いの身元を伝えたら他の交通の邪魔にならないために妨げとなる物道からどけます。

万一邪魔な物が妨げとなっている場合は互いの情報を交換する以前にそれをしても問題は起こりません。

自身の入っている自動車保険会社に電話をし自動車の事故が起こった事を知らせます。

自動車の事故から一定の時間内で自動車保険の会社に連絡を入れないと交通事故の保険の適用外となる状況も想定されますのでできるだけ遅れることなく連絡を入れることが大事です。

可能であれば事故現場の証拠になるようにデジカメや携帯などで現場やマイカーの破損状態を見ることができる写真を写しておきます。

その写真は過失がどのくらいあるのか決定する重要なデータとできるので、己のクルマや相手方のクルマの破損をちゃんとカメラに残しておきます。

目撃者がいれば警官や保険屋さんの人がやってくるまで現場にそのままいて頂くように呼びかけることも必要不可欠です。