クレジットを使用取りやめにする際の手続きそのものはまことに簡単なものではありますが契約解除する前に知っておきたい事柄も頭の隅に入れておくことをすれば試用不可能化も上手に終わらせることが確実になるでしょう。箇条書きにまとめさせて頂きましたのでもしもの時は確認して頂ければ、と思います。クレジットカード加入手続きした後いきなり機能停止してしまうのはやってはいけない…クレジットカード加入した後即座に手に入れたクレカを試用不可能化をしてしまうと信用のない顧客というようにクレジットカード会社にの評価において登録されるというありがたくない出来事が起こり得ます(極端な想定ですが何回にもわたって契約→機能停止などという作業をやってしまったケース)。あり得そうなのは申請時のプリペイドカードのプレゼントの獲得が目的であるときには商品券または限定特典といった入会時の優待権を全部享受したからといって即契約解除が望ましいと考えたくなるような意向もうなずけますが、カードサービス会社からの論理を基準にして検討してみればそういった利用者に対しては金輪際自分の会社の提供するカードを使って迷惑をかけられたくないと利用者を切り捨てるくらいのことがあっても納得するしかないでしょう。つまり、万が一入会時のプレゼントを狙ってクレジットカードという代物を作成した際にも、早まって登録解除手続きを実行せず最低でも180日、365日にわたって登録したクレジットについては所持し続けておくということを推奨したいと思います。また入会時のプレゼントだけにとどまらず何の気なしに手続きをして手に入れてはみたけれども使う機会がないなと気持ちがはやってしまうような状況であっても、まず半年以上クレジットカードを所持して欲しい。申請する側が思っている以上にクレカというものを新規に用意する用の経費というのはかかってしまうものなので、せめてものお詫び・・・などと少し気を遣って頂けるのならば良いと考えれます