外国為替証拠金取引(FX)の投資についての対象は各国各々の通貨です。貨幣に当り理解していこうと考えています。・通貨の単位には「基軸通貨」という呼び方で称されている公式通貨が存在します。基軸通貨とは、国と国での決済や金融機関の取引に際して重点的に使われる通貨のことなのですが、現段階ではドル(アメリカドル)です。往時はスターリング・ポンドが基軸になる通貨でしたが、終戦後はアメリカ合衆国ドルになりました。・FXを使用して流通される公式貨幣の種類については、他で言う外貨での投資と比較してひときわ多数というのが特質なのです。FX業者間によって、、扱う公式通貨の種類については、変わっているのですが通常では20種類前後のようです。20種類の中でも動きが大きい通貨をメジャー通貨と言います。変動性が大きくなっているというのは取引きが実行されているという事を示していて公式通貨の売買が簡便なのです。主要な公式通貨には述べた基軸通貨と称される米ドルに、日本の円、ユーロ(?)3つの貨幣がありまして世界三大通貨と呼ばれています。スイスのフラン、ニュージーランドのドル、カナダドルなどが準メジャー通貨と表されております。メジャー通貨、準メジャー通貨以外の流動性が少しの通貨においてはマイナー通貨と呼ばれやや経済に関するパワーが弱い国での通貨で南アフリカランドやシンガポールドル、インドルピー、トルコリラなどが重要な通貨は、流通している数量が多量なので、値の変動が安定していてニュースの数もたくさんあるです。マイナー通貨については、利息の面で高額な通貨が多いというのがあるので、値の変動がすごいとの事みたいです。値の激動がかなりあるいう事においては、多大な収益を掴む好機が存在しますが利益を得る機会がある分リスクも予断を許さない事があります。加えて動きがあまりない流通貨幣であるからしてフィックスしたい際に終了が出来ないかもしれない事があるので気をつけましょう。どの通貨をえり好みするのかという事においては各々の貨幣の属性を詳しく検討してから行動を起こす事は不可欠であるのではないかと思います。