受け取った利用レシート所持する必要はないのだろうか?結果を冒頭にお伝えすると保管する義務は特にないと思います。保持していることで個人が使った内容を持っていたいという際には保管しておけばよいだろうし、反対に言うとそれらの痕跡はいらないと考える場合は残す必要はないと思われます。だが定期的に受け取る利用明細書との確認作業の時においては間違えなくこれらのレシートが不可欠。明細レシートをその時までは保持していなければどこの場所でいつ頃いくら利用したかということについて不明になることだけでは済まず、誤請求であったり重複がないかの照合さえも不可能になるから危険です。特にクレジットを利用した履歴は明細レシートがない限りは覚えていようがないはず。できれば明細書が来る1ヶ月もしくは2ヶ月前後はなくさずに明細レシートを所持したいものである。クレジットのレシート破棄の手段)クレカの明細レシート処分法は単純なのです。他の人に不正な利用をされないようバラバラに破って廃棄するだけで良いのである。簡単な裁断機などが自宅に置いてあるようであれば念のため利用するのが良いでしょう。カードの履歴を証明している明細レシートなのであるから、ナンバー等個人情報を特定できるデータがいっぱい記載されています。所詮利用レシートと油断せず、処分は細心の注意を払って行なったほうがよいでしょう。一方、今では予防のためにレシートにナンバーといった情報が記載されないことも出ているが安全と思い込むことは禁物でしょう。